個人利用の決済サービス

>

個人でも利用できる決済サービス

この記事をシェアする

個人でできる決済サービスの概要

個人でわれわれが決済できるサービスでもっとも古いものは口座引き落としですね。
これに関しては皆さんも馴染みが深いかと思います。
しかし現在では様々な個人決済サービスが存在しております。
次に有名なのはクレジットカード決済ですね。
これに関しては、信販会社が中心となっており、また他には銀行系・ネット会社等も参入しております。
さらに普及の度合いを高めているのが電子マネーの存在です。
最初は携帯電話の決済法として普及・プリペイドカードも似たような性格で、ポストペイ方式と呼ばれております。
他にはsuica、pasmo、edyなど非接触型のチャージを前もって行うタイプの後払い方式です。
またデビットカード、銀行から引き落としになる即時決済も存在します。

個人決済の進歩し続ける種類

さらには電子マネーは大きく進歩を遂げ、id、quickpayなどのポストペイ方式が現在急速に普及しております。
これは携帯端末にアプリをインストールすることで、たとえばクレジットカードのように暗証番号の入力や財布からカードをわざわざ取り出すといった手間から開放されます。
このように現在はキャッシュレスで決済を行うことがもはや当たり前のようになってきております。
こういった傾向は特に若者を中心に大きな支持を受け、生活に必要な決済を全てモバイル端末で済ませる若者もどんどん増えてきております。
これは将来的には基本の決済方式として定着し、中高年なども利用、全世代に波及しどんどんキャッシュレスの社会は深く根ざして行くと予想されております。